スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

パワプロ2013を買わなかった理由

131104top.jpg

パワプロ2013は買いませんでした。
理由は大きく分けて3つあります。

・課金システムへの抵抗

今作からサクセス内で時間を戻せるアイテムなどを販売する、
いわゆる課金システムが確立してしまいました。
だからなのか価格も¥3,980(PS3)

一応感謝価格と謳っていますが、課金前提で売られている気がしなくもないです。
だったら価格に感謝なんて出さなくていいからフルプライスくらいで出してほしいものです。

恐らく課金なぞしなくても十分楽しめると思います。
しかしそういったシステムがあること自体に抵抗があります。
アイテムやガチャはソシャゲで十分です。

・ヒロインズの劣化

aaf6d8c8.jpg

上が2013、下が過去作です。

有り得ません。制作は何を考えているんでしょう。

改悪とはこういうことを言うのです。
パワプロはどんどん売る気が無くなっているように私には見えます。

あおいちゃんは私の性・・・青春です。
それをこんな三角フラスコみたいな力士体系にしやがって・・・許さんぞ。

9決定版であおいちゃんと話したいがために恋恋高校をプレイしていたのを思い出します。
あおいちゃん可愛かったなぁ・・・(過去形)

・プロスピの存在

同じくKONAMIから発売されている野球ゲーム「プロ野球スピリッツ」。
野球ゲームとしてはこちらのほうが大変優れています。
しかしどちらかというと玄人向けといった感じで、
細かくステータスも振り分けられており(ex.対右対左でミートが違う、変化球ごとにコントロールが違う等)
一度プロスピに慣れてしまうとパワプロがとてもチープなゲームに思えてしまいます。

しかしプロスピの何よりの弱みがサクセスが無いこと。
システム自体は素晴らしい。しかし、やはりサクセスは必要ですね。

野球をやりたいならプロスピ。
パワプロ野球をやりたいならパワプロ。
といった印象ですね。

どちらも同じ野球ゲームながらまったく別ものと言っても過言ではないので、
どちらか一方しかプレイしたことがないという方は是非もう片方をプレイすることをお勧めします。





p.s.

2014は買いたくなるようなソフトになることを祈ってます。

Tag:ゲーム 

プロフィール

おしゃれキノコ

Author:おしゃれキノコ
荒 荒 荒波立つ

あなたのメイン武器は?
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。