スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

高校時代に体験した不思議な話。

世にも奇妙な物語

8月になりましたね!夏本番といったところでしょうか。
クソ暑いので高校時代に体験した不思議な話でも。
あれはまだ私が近所でピュアだと噂されていた高校生の時の話です。

稲川さん

自転車通学だった私は、その日もいつものように自転車に乗っていました。
時間にも余裕をもって家を出ているので特に急ぐことなく、
学校めんどくさいなぁなんてことを思いながら自転車を漕いでいました。

やがて十字路に出ました。

bandicam 2014-08-02 22-09-56-906

(↑実際の十字路)

そこは朝の交通量はそれほど多くなく、
見渡しもそこまで悪いというわけでもなく至って普通の十字路。

いつものように「止まれ」で停まって、車が通り過ぎるのを待っていました。

しばらくして車が通り過ぎ、向こう側に渡れそうになったので
左右を確認し、ペダルを思い切り漕いだ時のことです。

自転車が何か強い力に抑え込まれ、
前に進めず、前に行こうとした体だけが前のめりになりました。


えっ

と思ったその瞬間

すぐ目の前を猛スピードで走る車が通り過ぎました。

・・・・・・

未だにあれはなんだったのか分かりませんが
自転車の整備不良と言うわけでもないと思います。

そして、もう一つ分からないものがあります。

あの時私は確実に左右を確認して
車が来ないことを確認しました。

にも拘らず、どうして車が走ってきたのか・・・。

間違いなくあそこで自転車を漕いで前に進んでいたら、
私は事故に遭っていたことでしょう。

いや~不思議なことってあるものですね。

今でもこの時のことは鮮明に思い出せます。

あの日学校に行って、
友人にこの話ばかりしていたら痴呆老人扱いされたことも・・・

(※実話)

Tag:日常 

プロフィール

おしゃれキノコ

Author:おしゃれキノコ
荒 荒 荒波立つ

あなたのメイン武器は?
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。