スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

バンバンにシガーソケットとグリップヒーターを付ける

161207top.jpg

遂にうちのバンバンにもシガーソケット&グリップヒーター取り付け。
冬のバイクは寒い!

顏はもちろん、脚も寒い。

でもどこ一番寒いか分かりますか?

手なんですよ!

体とか足は厚着したりすればある程度は防げます。

しかし、手はそういうわけにもいかないんですよ。

厚い手袋をするとブレーキ操作やクラッチ操作に支障をきたします。

数年前、真冬にシャドウで高速を二時間半かけて実家に帰った時に

一番しんどかったのが手なんですよ。

革のライディンググローブなんてほぼ防寒力0ですから。

あの時急なハンドル操作を強いられたらちょっと危なかったかも。

真冬にハンドルカバーも無い、グリップヒーターも無い、風防も無い、

そんなバイクで高速二時間半とかこれからやろうとしてる方はできることなら止めてください。

まあそんな経験から、バンバンにはグリップヒーターを付けようと思ったわけです。

・グリップヒーターとは?

手があったか~くなる冬にバイクに乗るには必須アイテムです。
(必須アイテムを今まで付けたこと無かったけれども)

交換型・巻き付け型があります。

取り付けと取り外しが簡単な巻き付け型にしました。

161207グリップヒーター

↑105mmを買ったはずが95mm買ってる痛恨のミス。まあつくからいいや。

グリップヒーターの電源を取るシガーソケットを取り付けます。

買ったのはこれ。

161207シガソケ

USBとシガーソケットが付いているタイプ。スマホの充電もできるよ!

今回はバッ直にしました。

本当はキーオンオフに連動したかったのですが、技術的に断念。

ACC電源が自分の思ってた規格と違ってリレーまで作ってたんですがめんどくさくなってぽい。

取り付けにあたってシガソケのマイナスが短かったりしたので延長。

ボディアースしてもいいらしいですが、よくわからなかったのでマイナスに繋ぎました(どちらでもOK)。

161207取り付け

特別難しいことも無く取り付け完了!

ライト付きオンオフスイッチもあったのでこれにして正解かも。

スイッチの無いものだと切り忘れしてバッテリー上がって泣きそうだからねw

いよいよグリップヒーターを取り付け。

説明書通りにギボシをさして組み上げ。

シガソケから電源取ってるので取り付けは簡単・・・なんだけど・・・

161207ぐちゃ

ぐっちゃぐちゃ!

これをまとめるの大変だなぁ。

とりあえずギボシむき出しはまずいのでビニールテープでぐるぐる。

161207力技

力技でまとめました!!

あんまり綺麗じゃないけど、走行には問題ないからいいや。

こういうところに経験の無さが出ますね。性格かな?(๑◔◡◔๑)

グリップヒーターはこんな感じで固定してます。

161207巻くタイプ

巻き付け型なので非常にアナログですが、

これなら取る時もほどくだけでいいのでらくちん。

右は外側に、左は内側に結び目が来ちゃったけどまあええわ。

グリップヒーターにもスイッチがあります。

161207スイッチ

まずシガソケをONにして、グリップヒーターをONにしないと作動しません。

グリップヒーターのスイッチいらなくね?(・ω・)

いや、買ったシガソケがスイッチ付きで親切なだけか。

でもライト付いてるしこっちのほうが視認性も良くて使えるな。

グリップヒーターのスイッチいらな(ry

161207ハンドル周り

ハンドル周りちょっと変わりましたけどこんな感じです。

あんまりここをごちゃごちゃさせたくないんですよね。

力技だけど配線がまとまって(?)よかったです。



p.s.

肝心のグリップヒーターの使い心地ですが、かなりいいです!

そんなに高くないやつなので温度調節はできませんがそんなの必要ないです。

熱くなればスイッチ切ればいいんですから!

あと風防とハンドルカバーが付けば完全体ですね!

多分付けません。

Tag:バイク 

プロフィール

おしゃれキノコ

Author:おしゃれキノコ
荒 荒 荒波立つ

あなたのメイン武器は?
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。